2005年11月11日

腰を使え!!

いやーご無沙汰しております

今熱心に練習なぞをしている最中です
久しぶりに相当エキサイトな曲をやる事になり、一筋縄でいかない事は火を見るより明らか
なんで、クリックを鳴らしながら練習に励んでいるワケです


僕は練習嫌いで有名ですけれども
でも意外と凝り症なもんで、一回はまり出すとずーっと夢中になっちゃうんです
そう、このクリック練もそれなんです
勿論クリックは裏拍

何気にこれ楽しいんですよ(笑)
クリックだけで、空間が出来るっていうか
演奏がふわっと浮くようになるんですよ
まぁきっとコレがグルーブなんだと自分では理解しています
もっと深いかもしれませんけどもね

ともかく、パチンコのレンチャンと一緒で
一度はまり出すと指のキレが変わって、それはもう夢心地になるんですよ!!
何かね
この何も無いところに拍を感じるってか
そう、楽しいんですよw


まぁ、それはそうなんですけど

やっぱリズムの基本は腰なんですよね
キーボは腰です


そう特にこういうラテンのノリでトランスしてくると
もう腰の前後運動が活発になるんですよ!!
しかも、腹筋でもリズムを感じてるから、もう腹はピクピク

何もしてないのに、椅子がキシキシひずみます
この腰使いは本当にいやらしいですよね
きっとキーボやっている人は皆わかると思います、ウシシシ


ミシェルカミロを見てください
あの腰使いですよ!
ハービーもあそこまで前後に動きませんけど、やっぱり下腹部から腰にかけての前後運動ですよね

やっぱりラテンやっている国が解放的なのは、音楽がスバラシイからでしょうか??
ああ、ブラジル行って見たいですね


逆にボサノバとかだとあんまり性欲はそそられないような気がします
あ、早いボッサだったら腰使うなぁ
ロックは何か政治に反抗、見たいな
既成概念の破壊みたいな感じなので、もっと廃退している気がします
タテノリだし
んーでも俺ロックでも腹でリズムを取るなぁ

やっぱ、最もセクシャルでエキゾチカルな音楽はラテンなんですかね


いやー
あんまりにも興奮しすぎました
鼻息が凄かったです
こんな寒い日なのにすげー僕の体温が上がりました


キーボードやっている人は是非一度はこういうノリをつかむと
楽しいかも知れませんね
あ、リズムは腹で取るもんです。これ重要



ハー楽しかった☆
でも、まだ音取が…
やべーなぁ
posted by yujin at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

僕の愛するPat Metheny

10月。秋雨前線真っ只中

秋の夜長にJazzは良いというのは周知の事実だが
僕は今、メセニーのアルバムを聴いている

タイトルは「Offranp」
ご存知「James」を収録しているアルバムです。
俺が始めて買ったメセニーのアルバム。当時は高校二年生のがきんちょでしたが
メセニーと出会ってからもう五年…

アルバム自体が切なげで(勿論古いアルバムだから音作りが古風なのは仕方ないけど…)大学生活の軌跡が頭の中をよぎります
やっぱりECM時代のメセニーは現在以上に透明感のある音作りだと感じますな
今ほど雄大な草原だったり、自然のような物が見えてくるわけではないのだけれども
もっと、ヨーロッパの路地裏だったり、キャンパスだったり、夜の街並だったり
日常の空気感を切々と感じます


はぁ、楽しかったなぁ…(遠い目…)


そんなこんなで思い出に浸りつつ、俺らが1年の頃を思い返して見ました☆
以下、思い出話
俺らにしかわからない内容が多いので、見ても面白くないと思います(笑)


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

クロケンの総会飲みかなんかで当時の先輩達(あの時は二年生が中心に絡んでくれていたな)に
「僕メセニー好きなんですよ」
と言ったら、竹本さんの食いつきがやたら良かったりして

ともかく、メセニーなんかをバンドでやってしまうなんて凄い!と感じて大学生ってレベルが違うな!!と思った三年前
まだあの時を鮮明に覚えていますよ(笑)
俺の周りには1年生は多分居なくて、というか今はなきベルボア?だったから横の人としか喋れない席に座ってしまい、両はじを二年生で固めれらたんじゃなかったかなぁ、と
モギさんとサトルさんと話ていて、その後竹本さんとお話
サカバさん、コゴさんの二人と橋本さん、有安の四人の所に行って、コンチワーみたいな話をしていて
サカバさんは
「俺カルアも入っているんだよ」みたいに言ってたのを記憶しています
当時カルアの存在をまだ知らなかったので、へぇ見たいな

あ、その後七澤さんとも話した様な気がする!
なんか赤いコートかなんか着ていて、1年生かと思ったけど
でも大久保さんと二人でいちゃいちゃしているのを見て
「おお、これが大学生か!!」と一人感動した

多分あの酒の席でからんだ1年生はほとんど今居ないな、クロケンには
清水となんつったかもう一人キーボの奴と浅海タクヤさんと(笑)

あ、でもその後アイコバンドを組んだという事は
先崎と黒岩と池田とカラミがあったという事だなぁ?!
黒岩と池田はなんとなく記憶はあるんだけど、先崎はあんまりないぞ?!


おお、そしてその後の銀球でサークル生活、いや俺の音練生活の決定打となる四人
タッキーに野澤、大橋、そして松野と出会うわけだぁ!


うーん
皆のファーストインプレッションを思い出そうとしているんだけど中々思い出せない

ともかく、あの頃の有安はもうちょっとコロコロしていたような気がする(笑)
田舎から出てきました〜的な(笑)隣の橋本さんはまさに女子高!みたいな子だった
あ、金子も居たかな??
タッキーは高校で隣のクラスだったからフラゴも同じ教室で受けていたので知っていた
ああ、クレナイの瀧澤君!みたいな感じで
実はプレノイなのに俺はずっと「紅」だと思っていて
ノザキューは知らなかったなぁ
大橋は当然、うおおセルロイド?!みたいな
浅海さんは何か総会までにアドレス交換していて、今日行く?みたいなコトを話ていたな
松野!!は、うーんと思い出せない…
なんか当時は静かな奴だったようなイメージがあるんだけれども…??
そう初めのうちは大久保さんとじゃれあっていたイメージだなぁ
やっぱり先崎の1年生の記憶があんまり無い…ぞ??
なんでだ??
あ!寺島もいたんだ!やべー重要人物を忘れていたわ(笑)


そっか。総会が終わったら次はバーベキューだったな。
何かあの頃って全てが新しくて楽しかった様な気がする
今は全てが最後の様な気がしてたまらなく寂しい

こうやって迎えてもらったクロケンに二年、三年と在籍し
次年度は二年生として、1年生を歓迎して、
やっぱり自分も同じ様に積極的に1年生と絡み(笑)
そう、マキチャンが入ってきたので、ノウムラと一緒に大はしゃぎをしていた様な気がするね


何だかんだでコレの毎年繰り返しなんだなぁ
本当に
きっと1年生は入ってきて全てが新しいので
楽しいんだろうと思うし
実際俺らの写真も楽しそうだしね(笑)


なんかさ
やっぱり手帳とか見返して見ると忘れてしまっていることが沢山あるね
そういうのを一つ一つ思い返してみると、まぁ後悔はしていないなんてことは
決して無いわ

今思えばあの時、なーんてコトは沢山あるし、もっと違う方法があれば違う結果になっていたんだろうし


まぁ
考えても仕方無いコトです
今まで前を見て進んで来たから後ろを見る余裕なんて当然無くて
ゴールが見え始めたからこそ、ようやくスピードを緩めて今まで走ってきた道を振り返れたんだから


とりあえず明日も全慶連の練習だけれども、この四年間自分が何を思って生きてきたのか
自己分析をしながら詰めて行きたいな
結局、就職活動中の自己分析なんて、都合の良い志望動機を作る為のモノでしか無いわけだったから、ホンネで語れるはずも無かったし
だからこそ今本音と向き合って行かないと

今まで自分達に関わってきた人全てに聴いてもらうステージなんだから
全てを思い出さないといけないな、と
やっぱりそのスタートは、俺的にはパットメセニーであって
このアルバムを聴くと悲しくなってしまうね


T-SQUAREなんかを別にしたら、俺がFUSIONにハマリ始めた記念碑的アルバム
ま、当時は全然ワケもわからんかったけどね(笑)

よし、悲しくなってきたからタバコ吸おう(笑)
posted by yujin at 03:49| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

音楽についても触れよう

後輩のブログを今一通り見た
やっぱりバンド関連なだけあって、音楽ネタが多い
超久々に見たなぁ、皆のブログ

だからと言っちゃなんだけど最近の僕の音楽状況を書いてみよっかナ(笑)


最近は三田祭ステージの練習が定期的にあるから、一週間のウチにキーボードを触る時間が比較的増えてきた様な気がするね
やっぱさ、練習しないと弾けないし、皆気合の入れ方が普段と違うと感じているから
仮にもバンドを率いる立場としては、練習せんとなぁ、と普段よりぷれっしゃーに駆り立てられている感じ


本当にこのメンバでやれることが楽しいと感じる毎日なんで割と充実しているのかな(笑)

練習時間中、何が楽しいって、皆本当にウメー事!!
いや、マジ上手いよ
今はネタバレしちゃまずいから曲名は挙げられないけど
本当に演奏していてキタキタキター!!!と感じるところが沢山ある

なんかね
クロ研というサークルはフュージョンというロックとジャズを混ぜたような音楽をやっているところだから、結構マニアアックでかつオタッキー、そして盲目的で自分の世界に入ってしまっている連中の様なイメージがあると思うんだけども
その、音楽に対しての許容の広さというか、いい意味でのマニアックさが演奏にダイレクトに反映されてきているんじゃないかな、感じています

俺らの代は特に他のサークルや違うコミュニティで音楽をやる機会があった人が多いけれど
だからこそ今一番の塩梅で融合しているんじゃないかな??

引っ込めるトコではちゃんと引っ込めるとかさ(笑)


それって一番ウチのサークルっぽいことなのかな、と
メンバー全員が全ての経験や知識を引き出しながら、今、真剣にいい音楽を作ろうとしている最中です☆

だから、まさに今楽しくなってきている所だな、うん

きっと、四年間の集大成なんて簡単に言うけどね
その中には本当に沢山の出来事が詰まっていて、色々な音楽を聴いて、沢山のバンドを組んで、多くの人と出会って、笑って、話をして…



やべ、これ以上書くと泣いちゃいそうだから書かないわ(笑)

でもともかく
それら全てをひっくるめて今ひとつのステージを作ろうとしている訳です


就活中も自分が音楽を続けてきた訳を自己分析したけど
特に一つ挙げるとすれば
「自分の出来ない事を他人が補って大きなモノを作り挙げる事」
が楽しいんだろうな、と


今まさにそんな感じです
一音一音、本当に気が抜けないよ(笑)



まぁ、バンドで一緒の皆さんでここ見てるなら、どうぞよろしく(笑)☆


後輩諸君!!
壁にぶち当たったら僕と飲もう(笑)




posted by yujin at 03:24| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

またスガシカオがやってくれました

俺のなかで爆発的にヒットする曲がたまーに出て
PC開くとそればっかリピートしてますが
今回もまたスガシカオがやってくれました

今聴いてるのは「八月のセレナーデ」
PVを見る機会があって発見したので最近の曲かと思いきや
結構古いみたい

歌詞と曲の雰囲気が絶妙だと思って
深みから抜け出せない…

なんか彼の歌詞はシニカルで、歌詞もどうやら二股とか浮気なんだけどさ
そのときの心の葛藤みたいなのがすげー曲に表れていて
クラビのバッキングがおどけて聞こえるんだけど
なんかねー
いいよ

女の子からしてみれば最悪な歌かも知れないけどね
なんだろ
ミスチルのクラスメイトとか幸せのカテゴリみたいな雰囲気かな?
いや、もっとシニカル。リアリストが鼻で嘲笑するみたいな
でもこの微妙な感覚、すげーわかるな


俺最近
なにか悲しい事や寂しいと思う事があるときに
どういう顔をして良いのかわからない、と切に感じる
顔をぐしゃぐしゃにして泣けばいいのか、とも思うけど
とてもそんな風には出来ないし、冷静に振舞っちゃう

でもそんな心情がこの歌とリンクする様なしない様な
かのように手前は考える訳です

posted by yujin at 01:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

☆★ライブ告知〜8/31西荻窪wjaz★☆

ライブやります
8/31 21:00〜
@西荻窪w.jaz

HPはコチラ↓
http://humpback.cool.ne.jp/wjaz/


今回は東大のミナサマを中心としたバンドに入れてもらいました
はじめてジャズバーみたいなところで演奏するんで緊張です

ジャム、ブルース、レゲエなど
一時間のステージだそうなので是非是非見に来てください

posted by yujin at 01:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

久々演奏が上手くなりたいと思った

キーボードって難しいな…

バッキングパターン集!!みたいな譜面作って欲しい…
練習用とかあると思うんだけどなぁ…


今年の夏は「Soul/R&B」だと個人的に思っている
先日のジャムセッションを見て更に決意は固まった

さぁ、ソウルファンクのCDを買いあさろう!
posted by yujin at 04:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

ライブって凄いパワーだと思う

今久しぶりに
熱帯JAZZ・カシオペア・ディメンションの合同野外ステージアンコールの動画を見た

なんかソロバトルを見ていて自然とウキウキになってきたし
涙が出そうになってしまった、不意に…

はぁ…

こういうソロバトルとかがあるような曲がやりたいなぁ
ライブって結構普段やらないような事をとっさにやってしまって
実はかっこよかったみたいな、そういう衝撃がたまにある
勿論、普段やらないようなことをやって失敗する、そんなリスクもあるけどさ(笑)

普段ぼくらがやっているクロ研ライブでも
ソロをコピーしてそのまま、じゃなくって
勢いやそのときの雰囲気を味方につけて演奏するような
「生きた演奏」
そう、まさにイキイキと演奏する事が
やっぱり一番観客に届くんじゃないかな、と思うんだよね

俺が動画を見ていて感動したのはきっとそこでの対話がイキイキとしていたから
ソロバトルってお互いの演奏とのコミュニケーションな訳で
おうおう、こうきたか?!みたいな

そういう感触が演奏から聞き取れて凄い楽しかった
そういうライブだからこそ動画で見ていても楽しめた
勿論それは彼らのテクニックもあるからそう聞こえるからなのだけど
やっぱりそういうバンドを
生きた演奏を
やりたいと思ったのです



はぁ…
やっぱセッションって楽しそう…
合宿今から楽しみにしています


posted by yujin at 02:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

Live!!

今ダニーハサウェイのライブを聴いているけど

やっーっぱこのアルバム
世紀の名盤だね〜
本当にイイワ!!

何度聴いても飽きない

いや
一度に何度も聴いたら飽きちゃうけど
すぐ聴きたくなる時期が訪れて
ついついかけてしまう

だから、このアルバムはいつもオーディオに一番近い場所に。


ソウルっていいわね、ホント
何か幸せな雰囲気を持っているってか

歌詞は意外と深いところまでついていたりするんだけど曲はすげーキレイなメロディにポップなノリとか

英語のわからん自分はただただHappyになるだけw

ンでもこれはホントなんか切ないというか、苦しいというか
んー
いい言葉が浮かばないけど

ほんと聴け!!
って感じだね(笑)
posted by yujin at 02:49| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。