2005年11月11日

腰を使え!!

いやーご無沙汰しております

今熱心に練習なぞをしている最中です
久しぶりに相当エキサイトな曲をやる事になり、一筋縄でいかない事は火を見るより明らか
なんで、クリックを鳴らしながら練習に励んでいるワケです


僕は練習嫌いで有名ですけれども
でも意外と凝り症なもんで、一回はまり出すとずーっと夢中になっちゃうんです
そう、このクリック練もそれなんです
勿論クリックは裏拍

何気にこれ楽しいんですよ(笑)
クリックだけで、空間が出来るっていうか
演奏がふわっと浮くようになるんですよ
まぁきっとコレがグルーブなんだと自分では理解しています
もっと深いかもしれませんけどもね

ともかく、パチンコのレンチャンと一緒で
一度はまり出すと指のキレが変わって、それはもう夢心地になるんですよ!!
何かね
この何も無いところに拍を感じるってか
そう、楽しいんですよw


まぁ、それはそうなんですけど

やっぱリズムの基本は腰なんですよね
キーボは腰です


そう特にこういうラテンのノリでトランスしてくると
もう腰の前後運動が活発になるんですよ!!
しかも、腹筋でもリズムを感じてるから、もう腹はピクピク

何もしてないのに、椅子がキシキシひずみます
この腰使いは本当にいやらしいですよね
きっとキーボやっている人は皆わかると思います、ウシシシ


ミシェルカミロを見てください
あの腰使いですよ!
ハービーもあそこまで前後に動きませんけど、やっぱり下腹部から腰にかけての前後運動ですよね

やっぱりラテンやっている国が解放的なのは、音楽がスバラシイからでしょうか??
ああ、ブラジル行って見たいですね


逆にボサノバとかだとあんまり性欲はそそられないような気がします
あ、早いボッサだったら腰使うなぁ
ロックは何か政治に反抗、見たいな
既成概念の破壊みたいな感じなので、もっと廃退している気がします
タテノリだし
んーでも俺ロックでも腹でリズムを取るなぁ

やっぱ、最もセクシャルでエキゾチカルな音楽はラテンなんですかね


いやー
あんまりにも興奮しすぎました
鼻息が凄かったです
こんな寒い日なのにすげー僕の体温が上がりました


キーボードやっている人は是非一度はこういうノリをつかむと
楽しいかも知れませんね
あ、リズムは腹で取るもんです。これ重要



ハー楽しかった☆
でも、まだ音取が…
やべーなぁ
posted by yujin at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 今日は音楽について語ってみようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9195388

この記事へのトラックバック

ミシェル・カミロ (Michel Camilo)
Excerpt: ミシェル・カミロ (Michel Camilo)ジャズ ピアノ奏者 作編曲家 ミシェル・カミロ(1954~)はドミニカ共和国サントドミンゴで 音楽一家に生まれる。5才からクラシックピアノと作曲を始め..
Weblog: 楽しい音楽を聴く♪
Tracked: 2005-12-20 02:53

On Fire (Michel Camilo)
Excerpt: Jazz-Rutin-Piano : ★★★★★ On Fire 誰にでもおすすめできるラテン・ジャズ・ピアノ・トリオの快作 ミシェル・カミロ、1989年のメジャー通算2作目の作品。 ビルボードによ..
Weblog: 楽しい音楽を聴く♪
Tracked: 2005-12-23 00:53

Michel Camilo / Michel Camilo
Excerpt: Jazz-Rutin-Piano : ★★★★★   Michel Camilo   クリアで繊細なタッチでありながら情熱的で魅力的な演奏 ミシェル・..
Weblog: 楽しい音楽を聴く♪
Tracked: 2006-04-12 01:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。